外反母趾 「足裏バランステーピング」 レビュー

 

足裏バランステーピングの
詳細はこちらをクリック



10万人以上の外反母趾を救った、
自宅でできるテーピングとは?



笠原巌先生の「足裏バランステーピング」は自宅で外反母趾を改善できる方法です。しかも、1日の所要時間はたった7分。30日間で効果が現れます。


このノウハウは、これまでに10万人以上の人を救ってきた、実績のある手法です。それらの患者さんのなかには、病院や治療院を転々としても治らなかったり、手術をしたのに再発して、藁をもつかむ思いで訪ねてくる方も少なくないようです。


外反母趾の手術はリスクがありますし、実際、再発してしまう人が多いのです。「足裏バランステーピング」の公式サイトでは、再発した方々の痛々しい写真を見ることができます。それらの写真を見ると、手術は極力さけるべきだと、よくわかります。


手術を考えている方も、まずその前に、副作用が無くて安全な「足裏バランステーピング」の方法を試してみる事をお勧めします。たった1回のテーピングで痛みが緩和されるケースもあるのです。


なぜ、多くの病院や治療院で、外反母趾の有効な治療を行えないのでしょうか?


実は、外反母趾の「真の原因」が意外と知られていないのです。原因がちゃんとわかっていないわけですから、ピンポイントの治療ができなくても不思議ではありませんね。


外反母趾の原因はヒールやパンプスではありません。足裏が退化して、足で踏ん張れなくなっている事が「真の原因」なのです。裸足で生活している人々は足裏が鍛えられているため、外反母趾も足の変形もありません。


「足裏バランステーピング」は、踏ん張れなくなった足裏を踏ん張れるように矯正する方法です。つまり、外反母趾の原因を直接潰して治すため、効果が大きいのです。


ところで、外反母趾も痛みが無いと、けっこう放ったらかしてしまうものです。しかし、これは危険なんですね。


実は、外反母趾の方の9割以上が、ひざ痛・腰痛・肩こり・首痛など、体の他の部分の不調を抱えています。


外反母趾のある状態では、足でしっかり踏ん張ることができません。そのままでは体のバランスが崩れてしまうので、無意識のうちに他の部位を傾けるなどしてバランスを保とうとします。その不自然な姿勢が上記のような痛みやこりを引き起こすわけです。


ですから、外反母趾は痛くなくても直ぐに治すことが大事なんですね。


外反母趾のなかには、へバーデン外反母趾というものがあります。これはリウマチのような症状を示す進行性の外反母趾ですので、特に早急な対応が必要です。


外反母趾に悩む方やその疑いのある方は、ぜひ、テーピングの手法について調べてみてください。


足裏バランステーピングの
詳細はこちらをクリック





笠原巌先生の「足裏バランステーピング」&「足裏バランス健康法DVD」のレビュー、口コミ、感想などの情報を公開しています。1日7分、30日間で外反母趾が改善可能です。




中川式ストレッチ(膝痛編) 中川卓爾 口コミ


「中川式首痛・肩こり治療法」 中川卓爾 レビュー


長谷川式腰痛治療プログラム 長谷川淳史 レビュー